FC2ブログ
    2019-07-13

    トウブが2クラッチ目を産卵しました。

    トウブが7月9日に2クラッチ目を産卵しました。7個でした。
    すべての卵が白濁し、順調に経過しています。

    6月末になっても産卵する気配がなく、またすこし呼吸音がするようになって食欲も落ちてきていました。
    1クラッチ目が11個の過去最高の産卵数なので、2クラッチ目がないかもしれないと思うと、体調を落としているのかなと心配になり、7月3日に動物病院で診察してもらいました。
    大事をとってビタミン・カルシウム・抗生物質を投与してもらい、同時に抱卵していて食欲不振の可能性もあるので、ついでにレントゲンをお願いしました。
    レントゲン撮影後、先生から「7個抱卵してるよ。」と言われ写真を見せてくれました。
    確かに7個ある。やっぱり産卵前の兆候であったことを確信しました。

    せっかく初めてレントゲン撮影をしてもらったので、本当に7個産卵するか、それともそれ以下の数で体内に残って、3クラッチ目もしくは来年になるのか、その点を確認してみようと思いました。
    自宅に帰り、産卵床にて世話を続け、食欲も旺盛になり、「本当に2クラッチ目がくるのか?」と疑問になってきました。
    しかし、突然7月8日に試掘りが始まりました。「やっぱり産卵するぞ、するなら何個だろう。」と考えていました。
    7月9日も夕方6時くらいから掘り始め、11時くらいに埋め戻しをしていたので、さっそく採卵しました。
    掘り出してみると、とても状態のいい卵が7個でした。
    やっぱりレントゲンに映っていた数と一緒であったこと、そして体内にあった卵が全て産卵されたことが確認出来ました。
    例年からすると3クラッチ目はないと思います。
    今年の産卵数は1・2クラッチを合計すると過去最高に近いものでした。
    今後は孵化率がとても気になります。

    ★★★10月6日(日)神戸サンボーホールで開催される「ぶりくら市」に今年も参加予定です。★★★




    2019-06-16

    今年もトウブが1クラッチ目の産卵しました。

    6月14日にトウブが今年の1クラッチ目の産卵をしました。
    産卵数は11個もありました。
    1回の産卵数としては過去最高です。
    うち左端の真ん中の卵は少しヒビが入っています。また、左端一番上の卵は殻が未完成であり、殻を形成する柔らかいヌルヌルした殻が表面に付着していました。右から2列目の3個と右端の下の卵は小さ目であり、採卵当初から殻が白っぽかったから無精卵の可能性もあるかもしれません。産卵数が多かった分、栄養等がすべての卵にいきわたらなかったのかもしれません。しばらくの間は、これらの卵は経過を様子見です。
    他の卵は白濁が始まっており順調です。
    兎にも角にも、子ガメの誕生が楽しみです。
    圧縮DSC_0697
    この産卵数だと2クラッチ目がないのかもと思っていますが、しっかりと♀親の状態を上げていきます。


    ★★★10月6日(日)神戸サンボーホールで開催される「ぶりくら市」に今年も参加予定です。★★★







    2019-05-04

    トウブに春が来ました。

    今年のクーリング明けは4月中旬でした。
    少しずつ食欲が上がってきました。5月になり♂♀ともに食欲も旺盛になりました。
    昨年の秋に交尾をしていますが、今年の産卵時の有精率を上げるため、産卵前のこの時期に交尾をさせました。
    元号が「平成」から「令和」に代わり、初めての交尾です。

    圧縮DSC_0690 ♂と♀を一緒にすると、すぐに♂が♀を意識し始めます。


    圧縮DSC_0691 ♂が♀の腕や甲羅や脚に噛み付いて、ちょっかいをかけていきます。♀は驚いて頭と両腕、両脚を甲羅に引っ込め、腹甲で蓋をします。


    圧縮DSC_0692 ♀が甲羅に引っ込んで腹甲で蓋をして動かなくなると、♂はその様子を見て、素早く♀の甲羅に乗っかります。


    圧縮DSC_0693 ♂は♀の甲羅に乗っかった後も♀の頭に噛み付こうとします。すると♀は頭を引っ込め、頭を守るために腹甲で蓋をします。しばらくすると、♀の尾と両脚を守っていた後方の腹甲の蓋が少しずつ開きます。その隙に、♂は♀の両脚の付け根に自分の両脚を入れ固定します。


    圧縮DSC_0694 そして、画像のように♂は後ろに倒れていきます。このころには、交尾が完成しています。


    圧縮DSC_0695 交尾中の♀の様子。


    圧縮DSC_0696 交尾中の♂の様子。


    うちのトウブの繁殖で産まれてくる全ての子の両親は、この♂と♀です。
    ♂と♀ともにWCです。

    今年も繁殖がうまくいきますように・・・・・・。




    2018-10-14

    「ぶりくら市2018」の御礼

    「ぶりくら市2018」のスタッフの皆様、大変ありがとうございました。
    当日ご来場頂きました皆様、また当ブースにお立ち寄り頂きました皆様、そして当ブースの自家繁殖個体をご購入頂きました皆様、本当にありがとうございました。

    昨年ご購入いただいた何人かの方から、うちから旅立った子の成長画像を拝見し、とても嬉しく思いました。
    また、他のブースの方々とも情報交換ができ、とても有意義なイベントでした。

    今年のイベント参加は終わりました。
    来年も参加したいと思います。

    2018-09-09

    自家産トウブ2016CB マイコレ成長記録

    トウブのマイコレ2016CBの発育はとても順調です。
    2018年9月9日現在のサイズは、
    甲長8.8cm 体重120g まで大きくなりました。
    昨年同時期対比だと甲長で0.8cm 体重で20gの成長です。
    少しゆっくりとしているかな。
    食欲は旺盛で、夏場まではピンクマウスメインで、最近は配合飼料も与えています。
    とにかく元気です。
    圧縮DSC_0033

    圧縮DSC_0023

    圧縮DSC_0022

    圧縮DSC_0036
    最近は背甲のオレンジの部分が黄色味を増してきてます。黄色系のトウブになりますね。

    圧縮DSC_0025
    画像では分かり難いですが、腹甲は少し凹みがある気がしますが・・・。

    圧縮DSC_0029
    頭部の模様はこれからなのかな。期待しています。

    圧縮DSC_0028
    首元もこれからまだまだ発色してきそうです。

    圧縮DSC_0030
    ♀狙いの子なので、眼は♀になりそうな感じです。

    圧縮DSC_0026

    圧縮DSC_0027
    尾についても、まだ雌雄の完全な判別は出来なそうですが、たぶん♀っぽいような気がしています。

    今後も、マイペースで成長記録をアップしていきます。
    プロフィール

    GOLD CASTLE

    Author:GOLD CASTLE
     

    お問い合わせ
    お問い合わせはこちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    カウンター