--------

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2017-10-07

    「ぶりくら市2017」の御礼

    「ぶりくら市2017」のスタッフの皆様、大変ありがとうございました。
    当日ご来場頂きました皆様、また当ブースにお立ち寄り頂きました皆様、そして、当ブースの自家繁殖個体をご購入頂きました皆様、本当にありがとうございました。
    他のブースの方々とも情報交換ができ、とても有意義なイベントでした。

    次のベント参加はHBMです。
    宜しくお願い致します。
    スポンサーサイト
    2017-09-18

    自家産トウブ2016CB 成長記録

    2016年に自家繁殖したトウブの子のなかから1匹をマイコレにして飼育してきました。
    ♀狙いで孵化させた子です。
    誕生日は2016年8月24日です。孵化した時の画像が下のものです。
    圧縮IMG_0191 (1)

    孵化してから、2週間くらいした時の画像が下のものです。
    圧縮IMG_0209

    残念なことに今日まで全く成長記録としての画像を撮ってきませんでした。少し後悔しています。
    ここからの画像が、2017年9月18日のものです。
    甲長8cm 体重100gまで大きくなりました。何でもよく食べ、食欲も旺盛で、動きも早く、とにかく元気です。
    また、背甲にもオレンジと黒の模様が出てきています。腕・脚・喉はパステルオレンジの様な色になりました。頭は今後発色してきそうな気配があります。
    圧縮DSC_0776

    圧縮DSC_0779

    圧縮DSC_0778

    圧縮DSC_0754

    圧縮DSC_0761

    圧縮DSC_0770
    今後は、この子の成長記録として定期的にブログアップをしていきたいと思います。
    あくまでもマイペースになると思いますが・・・。
    2017-09-17

    2クラッチ目の♂狙いが孵化しました

    2クラッチ目の卵のうち3個を♂狙いにして、クールインキュベーターで管理していました。
    うち2個が9月14日に孵化しました。67日目となります。残る1個はまだ孵化していません。
    なんとなくですが、尾の付け根が太い気がします。気のせいかもしれませんが・・・。
    今後はこの子たちも餌付けが始まります。

    圧縮DSC_0746

    ♀狙いの子たちは、すべて配合飼料への餌付けが完了しました。
    孵化した時よりも2回りほど成長し、とても元気です。
    「ぶりくら市」に連れていきます。
    2017-09-02

    トウブの2クラッチ目の孵化

    8月30日より、2クラッチ目の♀狙いの子の孵化が始まりました。
    孵化日数は51日です。
    5個の卵うち、すべての子が誕生しました。
    1匹、とても将来性の高い子がいました。
    全体的に色が薄く、手・脚・首ともにとても黄色味の出ている子です。
    圧縮IMG_0311
    クールインキュベーター内の♂狙いの3個の卵はもう少し孵化まで日数がかかると思います。
    どんな子が出てくるか楽しみです。
    今後は2クラッチ目の子の餌付けを行います。
    1クラッチ目の子はすべて配合飼料への餌付けが完了しました。
    とても元気で、成長線も出ており、一回り大きくなっています。
    今年のイベント参加は、
    10月1日(日)  「ぶりくら市」
    11月5日(日)  「HBM」
    11月19日(日) 「とんぶり市」
    の予定です。
    トウブハコガメ  2017CB  を連れていきます。
    宜しくお願い致します。
    2017-08-19

    山中慎介 VS ルイス・ネリ

    2017年8月15日(火)に山中慎介選手の13度目防衛戦、WBC世界バンタム級タイトルマッチを観戦してきました。

    圧縮DSC_0590

    山中慎介選手が勝てば、元WBA世界ライトフライ級チャンピオンの具志堅用高氏の保持する防衛13回の日本記録に並ぶというタイトルマッチでした。
    対戦相手は、WBC世界バンタム級1位のルイス・ネリ選手でした。
    ルイス・ネリ選手の戦歴は、23勝17KO無敗の強豪です。

    山中慎介選手の「神の左」か、ルイス・ネリ選手の突進力か、とてもレベルの高い、緊張感のある試合でした。
    1ラウンドから、山中慎介選手はジャブで距離を取りながら、「神の左」を狙っていました。ルイス・ネリ選手も、「神の左」を警戒しながら、KOを狙いハードパンチを出すタイミングを狙っていました。

    圧縮DSC_0611

    結果は4ラウンドに、ルイス・ネリ選手がハードパンチによる連打で山中慎介選手を追い込み、山中慎介選手のセコンドからタオルが投げられ、山中慎介選手のTKO負けとなりました。

    山中慎介選手が今まで12回の防衛をしてきたことは、すばらしい偉業であると思います。
    同時に、対戦相手も強豪揃いであり、多くの感動を頂きました。
    今まで、山中慎介選手には勇気をもらってきました。
    本当にありがとうございました。

    圧縮DSC_0613

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。