2018-01-10

    2017年 大晦日のボクシング観戦

    新年あけまして、おめでとうございます。
    今年も宜しくお願い致します。

    圧縮IMG_0003(1)
    2017年 大晦日、ボクシング世界タイトルマッチの観戦をしてきました。



    圧縮IMG_0007(1)
    1試合目は、IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 京口紘人 VS カルロス・ブイトラゴ でした。
    京口選手のKO狙いの攻撃がとても印象的でした。
    京口選手の8回TKOによる勝利でした。


    圧縮IMG_0012(1)
    2試合目は、WBO世界フライ級タイトルマッチ 木村翔 VS 五十嵐俊幸 でした。
    木村選手の「勝つんだ」という気持ちを前面に出した気迫ある攻撃がとても感動しました。強い気持ちを持つことがとても大事なことなんだと改めて感じた試合でした。
    木村選手の9回TKOによる勝利でした。


    圧縮IMG_0019

    圧縮IMG_0018

    圧縮IMG_0026
    そして、3試合目は、メインとなる WBA&IBF世界ライトフライ級王座統一戦 田口良一 VS ミラン・メリンド の試合でした。
    両者が世界チャンピオンであり、意地と意地のぶつかり合いの試合でした。
    特に田口選手の「負けない」という気持ちが伝わってくる試合でありました。
    田口選手の判定による勝利でした。


    3試合を通じて、「強い気持ちを持つこと」が大切なことだと感じた日でした。
    「強い気持ちを持つこと」が、2018年の自分の目標がとなりました。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する